鹿児島の会計事務所 会社設立から相続対策まで経営をトータルにサポートします

昭和47年開業の鹿児島市の税理士・会計事務所

税理士法人小野パートナーズ

鹿児島市草牟田1-12-5 丸田ビル1階

受付時間:9:00-17:30土・日・祝日を除く)

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください

099-222-3501

税務トピックス

「利益」の管理が節税の第一歩

できるだけ納める税金の額を減らしたい――。そう考える経営者は、あなただけではありません。おそらくすべての経営者は節税をしたいと思っているでしょうし、できれば納める必要のない税金は支払いたくないと思っているはずです。
 
しかし、税理士が節税の方法を教えてくれる場合もありますが、はっきりいって彼らが積極的に節税の方法をレクチャーしてくれていると思ったら、大間違いです。思いのほかお役所仕事で杓子定規にしか見れない税理士が多いのも事実です。
 
「この程度の規模の会社なら、このぐらいの税額は納めなくては」と思っている税理士、公認会計士は少なくありません。その場合、節税の裏技などは積極的に教えてくれないかもしれません。そういう意味では、経営者が税の基礎知識をきちんと学び、自分自身で節税のノウハウを身につけるべきです。

日本の税金計算は「確定決算主義」といって決算書の利益からスタートします。ということは利益を抑えることが節税の第一歩です。かといって赤字がいいわけではないですし、無駄な経費はお金も出て行くので資金繰りが苦しくなります。

そこで重要になってくるのが決算見込みの見極めです。予想よりも儲かってる時ほど投資余力がでるので広告やマーケティングに力を割いて利益調整すれば将来にむけた経費を使っていくチャンスです。他に決算賞与で還元して調整する経営者も多いですね。

利益見込みに応じて経費の幅に余力を持たせるように日頃から優先順位を決めて行動しましょう。

その他のメニュー

弊社の業務内容について説明しております。

よくあるご質問はこちら。

弊社の概要について説明しております。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

099-222-3501

受付時間:9:00-17:30(土・日・祝日を除く)

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

099-222-3501

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

採用案内

知っ得情報・ブログ

freee認定アドバイザー

経営革新等支援機関