鹿児島の会計事務所 会社設立から相続対策まで経営をトータルにサポートします

昭和47年開業の鹿児島市の税理士・会計事務所

税理士法人小野パートナーズ

鹿児島市草牟田1-12-5 丸田ビル1階

受付時間:9:00-17:30土・日・祝日を除く)

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください

099-222-3501

ブログ

スルガ銀行 第三者委員会の調査報告書 ⑤まとめ

まとめ

 全体的にトップは書類偽造等の行為を見過ごした経営責任はあるが、組織としての体制は整備していたから決定的な不法行為として追及するには至らないようです。暴走した張本人は麻生執行役員ですが、あくまで現場責任者としての責任にしかならないようです。麻生執行翌員の上司である。元岡崎専務が経営側の責任として一番重いですが法的責任は職務懈怠、善管注意義務違反どまりのようです。

 今後の裁判次第ですが、会社法的にはそんなに重くならないのではないでしょうか。民事で株主やシェアハウスオーナーがどこまで言ってくるかになる感じがします。株主やオーナー側はちゃんとやることをやらなかったと立証しなければならないので株主やオーナー側の負担が大きく、損害は甚大なものになるかと思います。今回の件でもだまされたもん負けになりそうな気がしてなりません。

 最近「大東建託の内幕 〝アパート経営商法〟の闇を追う」という本が出て不動産業界の壮絶なブラックな内情が出てきました。多かれ少なかれこういうプレッシャーにさらされている不動産業界と銀行の担当者の内情を知ればそうそうおいしい話はないというのがわかります。本当においしい話はだいたい前もって知り合い同士で内々に売買されます。更地を買っても建設費の相場がわかっていれば、大東建託や積水ハウスといった有名どころでもちゃんと相みつをとって相場水準まで交渉すれば一方的な高値をつかまされる可能性は低くなります。ほんとうに儲けれる人は施工や管理を任せる人をちゃんと自分で持っています。不動産投資に興味のある方はめんどくさがらずに自分の足で動かないと大変な目にあいますといういい勉強になるのではないでしょうか。

 公認会計士・税理士 東條隆志 2018/10/20

その他のメニュー

弊社の業務内容について説明しております。

よくあるご質問はこちら。

弊社の概要について説明しております。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

099-222-3501

受付時間:9:00-17:30(土・日・祝日を除く)

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

099-222-3501

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

採用案内

知っ得情報・ブログ

freee認定アドバイザー

経営革新等支援機関