鹿児島の会計事務所 会社設立から相続対策まで経営をトータルにサポートします

昭和47年開業の鹿児島市の税理士・会計事務所

税理士法人小野パートナーズ

鹿児島市草牟田1-12-5 丸田ビル1階

受付時間:9:00-17:30土・日・祝日を除く)

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください

099-222-3501

ブログ

スルガ銀行 第三者委員会の調査報告書 ①今後の影響

スルガ銀行のかぼちゃの馬車問題で第三者委員会の調査報告書が公表されました。このタイミングでこの問題が表に出るマイナスの影響は計り知れないと思います。この調査報告書をで読んでみて感じたことを書いていきたいと思います。

参考 2018/09/07 15:30 スルガ銀行

第三者委員会の調査報告書の受領と今後の当社の対応について(3ページ)
https://storage.googleapis.com/surugabank/20180907_1.pdf

 第三者委員会調査報告書(要約版)(17ページ)
https://storage.googleapis.com/surugabank/20180907_2.pdf

第三者委員会調査報告書(全文)(338ページ)https://storage.googleapis.com/surugabank/20180907_3.pdf

①今後の影響

 金融庁は、人口が減少して経済力が落ちていく地方の金融機関が生き延びていくためには自分なりのビジネスモデルを構築していかなくてはならない。そのお手本がスルガ銀行だと述べていましたがまさかのスルガ銀行問題が起きましたのでその汚点を挽回すべく当然検査姿勢は厳しくなっていきます。

 金融機関はまず何か問題が起きたら自分の所は大丈夫かと自己点検を行います。今後同じような問題が起きたら今まで何をしてたんだと金融庁に怒られるのは経営陣だからです。そうするとスルガ銀行と似たような手口を使っている融資先は今後使いづらくなります。

 不動産業界は多かれ少なかれ融資審査に必要な書類を書き換えることはあります。今後金融機関が資料の改ざん等どこまできっちり詰めたかを検証する管理体制についてどこまで厳しく言ってくるかが読めないです。

・不動産投資に対する融資

 収益物件に対する融資はもともと相続対策で賃貸物件を作らせておきながら部屋が埋まんないという問題が出ていたので、金融庁は各金融機関のアパート・ローン等の伸び率をモニタリングしていました。なのでもともと絞る傾向はすでに出ていたのですが今後拍車がかかります。すでに影響は出ています。買いたくても借りれない業者が出ています。

 

・個人向けローン

 個人向け貸出等の融資も同様減ると思います。こちらももともと信販会社等のクレジットカード会社が多重債務問題で総量規制をかけさせられていました。銀行は対象ではなかったので銀行が手を広げって行ってました。

 ここ数年銀行とか信金がやたらカードローンのCMしてると感じたことはないですか。それだけ力を入れていたのです。ところがこれは他のノンバンク系から反発があったので金融も注視していました。そこにスルガ問題が起きてますので今後は減るかもしれません。中小事業主のビジネスローンに影響が出ると思っています。

・金融機関の融資姿勢

 ここがどうなって行くか注視したいところです。地域金融機関固有のビジネスモデルの構築を金融庁は望んでいたのですが、お手本であったはずのスルガ銀行がつまずいてしまったので動くに動けなくなっているのではないかと思います。話は聞けていませんが。知財を活用した融資等々目利きのある融資姿勢を打ち出すのは前例がないとなかなか踏み込めない世界なので停滞するのが怖いですね。

 政策の良しあしは置いといて日銀の低金利政策で低金利でもリスクをとって貸し出すという方向へ進んでいたのですが今後の悪影響が全然読めないと感じでいます。

 公認会計士・税理士 東條隆志 2018/9/10

その他のメニュー

弊社の業務内容について説明しております。

よくあるご質問はこちら。

弊社の概要について説明しております。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

099-222-3501

受付時間:9:00-17:30(土・日・祝日を除く)

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

099-222-3501

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

採用案内

知っ得情報・ブログ

freee認定アドバイザー

経営革新等支援機関