鹿児島の会計事務所 会社設立から相続対策まで経営をトータルにサポートします

昭和47年開業の鹿児島市の税理士・会計事務所

税理士法人小野パートナーズ

鹿児島市草牟田1-12-5 丸田ビル1階

受付時間:9:00-17:30土・日・祝日を除く)

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください

099-222-3501

ブログ

福岡が元気! 鹿児島へ波及してくれないか?

野村証券の成長可能性都市No1に福岡市が選ばれていますが、それ以外にも福岡市が熱いというデータがいくつかあります。

・政令指定都市の中では、人口増加数・増加率ともにNO.1(2010年10月~15年10月)(平成27年度の国勢調査)

・博多港がクルーズ船の寄港回数で横浜港を抜いて日本一(2015年)

・福岡市に占める学生の割合は7.3%と京都市に次ぐ2位(2014年度学校基本調査、2013年大都市比較統計年表、各都市推計人口)

 博多に出張で出ることもありますが、人が多いですねやっぱり。物価は東京とそんなに変わらない気がしますが、家賃は電車で10分も離れれば急激に安くなるので生活費も他の大都市圏よりも安いと感じます。

 ただ、外食はだいぶインフレしている感があります。一蘭のラーメンが替え玉入れたら1,000円越えするなんて10年前にはなかった記憶があります。それだけ観光客が増えているのでしょうか。

 そんな元気な福岡ですが、以下のような要因があると週刊ダイヤモンドで分析していました。

・福岡市は大学・専門学校数が107校あり、人口に占める学生の割合は7.3%と京都市に次ぐ2位(2014年度学校基本調査、2013年大都市比較統計年表、各都市推計人口)

・福岡市は元々商業の街としてサービス業が盛んであるうえ、最近はIT企業を中心に毎年50社の企業誘致に成功。

・福岡は実際働き始めても通勤が便利。福岡・北九州大都市圏の通勤・通学時間(平日片道)は34.5分で7大都市圏1位(2011年社会生活基本調査)

 加えて食べ物がおいしいし安い。海が近く、畜産・農業が盛んな九州圏内というのが大きい。鹿児島もそうですが東京で野菜高騰のニュースが流れてもあまり関係のないことが多いです。車で3、4時間圏内で産地がいっぱいあります。地産地消の野菜で済ませばそんなに高くはならないのです。

 東京だと3、4時間でいけるのは千葉、群馬等の生産地で、人口に比して全然少ない。渋滞に巻き込まれることを考えると輸送コストがばかにならないうえに土地代が高いので不作のときの影響が大きく跳ね返ります。

 私の感覚では福岡は上野といった下町エリアと渋田のショッピング・オフィスエリアを融合させて池袋くらいにごちゃ混ぜにしたかんじでしょうか。銀座とか渋谷といった1エリアの規模では福岡は負けていない。

 やはり本社機能が圧倒的に東京なので大企業で働く魅力はかないません。しかし、企業家を集めるために福岡市は率先して施策を講じていますので中小企業が情報を集めたり起業をするには十分な規模と言えます。

 明太子がオープンイノベーションの好事例として上がっています。もともと明太子は福岡市の「ふくや」が開発した商品でしたが、創業者は商標登録や特許を取得せず、地元同業者にもそのノウハウを公開しました。それによって、福岡=明太子という市場が出来上がり、活性化につながったのです。いろんな業者が集まれば、○○といえばどこどこというようになり人が集まります。

結果、自分のところも儲かるという発想です。

 これはその都市の結束感がなければなかなかできないですが、中小企業だからこそやらないと大企業に勝てないのでとても大事です。

 逆の話でアメリカのシリコンバレーで日本人がとても嫌われています。理由は会っても話だけ聞いて終わりだからです。お勉強気分で人の時間を使って何もしないなんてアイデアを出し合ってビジネスを創出しようという人たちに必要かという話です。

 福岡の企業家の方と直接話したことはないですが、企業の動きが活発な話しはよく聞きます。大企業に依存しないで地方を活発にする方法としてはとても参考になる話だと思います。

 福岡とうまくつながって鹿児島でも同じような動きが出れば面白いと思います。

 公認会計士・税理士 東條隆志 2018/9/1

その他のメニュー

弊社の業務内容について説明しております。

よくあるご質問はこちら。

弊社の概要について説明しております。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

099-222-3501

受付時間:9:00-17:30(土・日・祝日を除く)

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

099-222-3501

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

採用案内

知っ得情報・ブログ

freee認定アドバイザー

経営革新等支援機関