鹿児島の会計事務所 会社設立から相続対策まで経営をトータルにサポートします

昭和47年開業の鹿児島市の税理士・会計事務所

税理士法人小野パートナーズ

鹿児島市草牟田1-12-5 丸田ビル1階

受付時間:9:00-17:30土・日・祝日を除く)

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください

099-222-3501

ブログ

 成年後見人制度について

 毎年税理士会で成年後見人制度の研修があり今年も行きました。

 成年後見人の役割は認知症なので意思表示ができない人を守るために、「財産管理」と「身上監護」の役割が求められています。

 人の財産を勝手に使ってはいけないのは当然なのですがちょとした日用品の買い物等で管理が緩くなることもあり得ます。また、身上監護は医療、介護等の事務が基本的な役割なのですが入所の強制等身体の強制を伴う行為はできません。

 後見人は本人の意思の尊重を第一に行動しなければなりませんが、「それが本当に本人のためにいいのか?」といった葛藤がおきる仕事であり非常に難しいものであるといつも悶々とします。

 本人と医療従事者、本人と家族、本人と契約の相手方との間に後見人として対応しなければなりません、身上監護の中には手術の承諾を求められる場合もありますが、同意のサインはできません。良かれと思ったことが権限逸脱と家族からクレームが起きることもあります。それくらい線引きが難しので「いい人」であるほど気づかないうちに一線を越えてしまいそうです。

 一方で最近よくある家族信託は身内で契約できるので便利ですが財産管理に加えて面倒を見ることを契約に織り込むのは難しく、介護の世界はひとによって接し方が全然違うので契約書でうまくやることを決められないのではと思います。

両者のいいとこどりの制度があればいいのですけど、今は今の制度を活用するかないです。

公認会計士・税理士 東條隆志 2017/10/25

その他のメニュー

弊社の業務内容について説明しております。

よくあるご質問はこちら。

弊社の概要について説明しております。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

099-222-3501

受付時間:9:00-17:30(土・日・祝日を除く)

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

099-222-3501

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

採用案内

知っ得情報・ブログ

freee認定アドバイザー

経営革新等支援機関